シマ歩きのレポートが公開されました

2013年06月03日 15:11 | スタッフだより

エコツーリズム推進アドバイザー派遣事業
奄美大島・徳之島のレポート

平成25年3月に実施された「平成24年度エコツーリズム推進アドバイザー派遣事業」について、環境省エコツーリズムページに報告書が掲載されました!
奄美大島ではすみようヤムラランド実行委員会による住用・見里集落案内、徳之島では虹の会による伊仙町・阿権集落の案内と、それぞれ地域住民グループが主体になって、観光で訪れるお客様を受け入れる活動を行っている、集落を散策するツアーについて専門家にアドバイスをいただきました。
その時の住用の記事はこちら→http://blog.yamuraland.com/staff/1758
徳之島の記事はこちら→http://www.shimaniji.net/modules/d3diary/index.php?page=detail&bid=114&req_uid=2

NPO法人徳之島虹の会。
おとなりの島ではありますが、その活動はこちらにも伝わってきていて、ヤムラランドもたくさん刺激を受けてます。
いつか合同で、島伝い観光のプログラムが作れたらいいなあ^^

http://www.shimaniji.net/


写真はシマ歩きの際に案内した、見里集落にある出舟石です。
個人宅の庭先にあるため、集落の人も知る人ぞ知る…
この石と対になる「入舟石」が、見里集落の師玉家の出自とされる
瀬戸内町清水集落にあるのだそうですが、
いまのところ、どこにあるのか、今もあるのかわかっていません。

調べたら、全国各地に舟石と呼ばれる、舟の形をした石があって
名所になったり、祀られていたりするようです。
福岡や長野の石は、これと同じように上にくぼみがあって
たまった水で顔をあらうと眼病が治る、水を飲むと病気が治る、
などの言い伝えがあるそうです。

見里ではまだこいうった話は聞いていませんが、
戦争で出兵する際などは、この石で願立てをしたのだそうです。

コメントを入力してください