海の道をたどって。

2013年05月08日 11:39 | イベント, カヌー, スタッフだより

一昨年まで、住用の観光施設でマングローブカヌーのガイドをしていた白畑瞬。現在は独立し個人でガイドサービスを行っていますが、すみようヤムラランド実行委員会でも、彼をガイドとしてマングローブナイトツアー、干潟探検ツアーなどを行ってきました。
国内外のシーカヤックレースにも出場する彼が、この夏、沖縄~奄美を手漕ぎのアウトリガーカヌーで渡る大きな旅に出かけようとしています。


結人プロジェクト ホームページ

第2次世界大戦後、奄美群島と沖縄はアメリカ軍政下におかれ、奄美群島は8年間、沖縄に至っては27年間にわたり、日本とは切り離されて統治を受けていました。
奄美群島では断食や署名など、武力によらない平和的な方法によって、全ての島民がひとつになって日本復帰運動を起こしました。
その結果、今から60年前の昭和28年12月、与論島より北の島々は日本に返還されました。
「結人(ゆいんちゅ)プロジェクト」は、兄弟島である沖縄の思いを受けとめ、そして、あの時一つになった奄美の島々をもういちどつなげたいという思いから生まれたプロジェクトです。

島々では、青年団を中心に交流会や、カヌー体験を計画しているそうです!
天候によりスケジュールを決めるため、日時などは直前まで確定できないのですが、沖縄からの出発は6月中旬~下旬を予定しています。みなさんもぜひ、このプロジェクトに参加してくださいね。

コメントを入力してください