揚げたて~

あまみシマ博覧会2013冬
奄36 地魚でつくる!つきあげづくり体験
(実施者・すみようヤムラランド実行委員会/すみよう漁業集落)
今日、無事に終了しました~



つきあげづくりの手順は簡単です。

あらかじめ切り身にしてある魚を、小さく切り
フードプロセッサーでこまかーくしてから

更にすり鉢で、

すりすり… (^_^;)


調味料を混ぜて…
ひたすら…すりすり… (;´▽`A“




すりすり…… (;´Д`A “`





すりすり……… (@Д@;“` 




がんばって、なめらかにしたすり身をすきな形にして、
きつねいろになるまでじーーーっくり揚げます。



個性が出ます^^

ここ数日、ふだんつきあげにするような魚があまりあがっていなかったので
鯛を中心に、ネバリ、ホタ、ハージンなど高級魚を使った
ぜいたくなつきあげになりました。

そして、すみよう漁業集落自慢の
さかなハンバーグ&コロコロコロッケ、
新製品のさかなかりんとう、
試作中のジュレも試食ー♪
これぜんぶ、今年度に開発した製品なのです。


つきあげで使った魚のアラは汁に。
こんな贅沢な魚汁(イュンシル)、食べたことない。。。
ネバリ(メバル)を入れると、かにみそのような濃厚な香りがするんですよ。

参加者のみなさま、ありがとうございます!
そして、今回は定員オーバーでお断りしてしまった方もいらっしゃったのです、
ごめんなさい!
次の機会にご縁がありますように。。。

すみよう漁業集落の製品は、
住用漁協(住用診療所の隣)で月~金まで販売しているほか、
名瀬の軽トラ市や、住用サン奄美朝市、
せとうち海の駅のイベント時などにも不定期で販売しています。

また、奄美群島の水産物加工者グループ「奄美いしょむんネットワーク」に参加して
各地の物産展にも出店をはじめています。
まだホームページなどはないのですが
お近くにお邪魔したときは
ぜひ、奄美のきれいな海でとれた魚を食べてみてくださいね!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
国土交通省「平成24年度離島の活力再生支援事業」
奄美市「地域力の活用による世界自然遺産登録に向けた観光客受入体制構築事業」

コメントを入力してください