行先不明のミステリーツアー

あまみシマ博覧会2013冬で「奄39」にエントリー。
ヤムラランドのメンバーが、集落を案内するプログラムをつくりました。

(裏話ではありますが、
あまみシマ博覧会の募集時には詳細が決まっていなかったため
こんなタイトルになりました^^;
じゅんじ兄がこわい話をするツアー、ではありません)

お天気がよくて、あたたかい午後。
集落の聖地「赤平」を起点に…

ガイドはこの集落在住のやすひで兄。
この日のお客さまは、島内外からの5人です。



神さまの通り道と言われている「カミミチ」をたどっていくと…
集落行事の起点、ミヤ。ここも聖地です。


太平洋へ抜ける道。

個人的には、どこに出るかわからない細ーい道を歩くのが大好きなので
集落の道や、こういう磯道はたまらないです。。。
集落に住んでない人がうろつくのは相当アヤシイのですが
ガイドさんがいれば安心^^

そしてやっぱり、聖地にまつわる話はすこしこわい話もあるのでした><

最後にやすひで兄の家にお邪魔して
お客さまにアンケートを書いてもらいました。
一部ご紹介しますね

**************************************

地元の方の説明は、郷土への愛情と誇りに溢れ、好感度大。最後に、自宅にまで招かれ、過大な接待を受け感謝、感激。

「ミステリー」という名目でなく、「地元の歴史探訪」というプログラム名の方がよいと思います。地元の方との交流が出来、非常に有意義でした。ありがとうございました。

丁寧な説明から接待から、本当に心づくしのツアーに大満足でした。住用町に初めて訪れたにもかかわらず、帰りたくなる土地になりました。

ガイドブックでは知り得ない地元のスポットを歩くことができ、充実して楽しかった。現地の住人の方のお宅にもお邪魔させて頂き、通常の観光では不可能な交流体験をさせて頂きました。

集落を車で通るだけだったのですが、会に参加して、地元の方のお話しが聞けて、とても良かったです。知らない事ばかりで、地元出身で、もっと色々と見聞したいと思いました。本当にありがとうございました。

**************************************

ありがとうございました!
また奄美に、住用に、帰ってきてくださいね。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
国土交通省「平成24年度離島の活力再生支援事業」
奄美市「地域力の活用による世界自然遺産登録に向けた観光客受入体制構築事業」

コメントを入力してください