さかなといっしょに川遊び!

2011年08月27日 09:49 | あまみシマ博覧会, イベント, 生き物

マングローブパークでは不定期で企画展示をしていて
期間内に特別講座をしています。
今回のテーマは「奄美の川で暮らす生き物」。
季節は夏です!川遊びにぴったり!
いつもはシアター室で講演をしておしまい、なのですが
住用にはせっかく、リュウキュウアユの暮らす川があるのだから
観察に行っちゃおう!!!

ということで、シマ博のプログラムにしてしまいした。
「さかなといっしょに奄美の川遊び」
先生は、マングースバスターズの竹内佑介さん。
最初はいつもと同じ、プロジェクターを使った講演でしたが
じつは参加者も先生も、早く川に出かけたくてウズウズ。


川の水は澄んでいて、よく見ると足元には
岩に吸い付いてコケを食べてるボウズハゼや
ヌマエビなどがたくさん。
なんか足がムズムズすると思って見ると、
サンダルの穴にタナガ(テナガエビ)がハサミつっこんで
探ってるところでした。。。汗
タナガのあたらしい捕まえ方です。


箱めがねでのぞくと。。。あ!リュウキュウアユがいる!

河原にはリュウキュウハグロトンボも。


この日つかまえたのは、
ミナミテナガエビ、ヒラテテナガエビ、
シマヨシノボリ、アヤヨシノボリ、ボウズハゼ、
石巻貝、ヒメヌマエビ、などなど。
(メモを持たずに河原におりてしまったため
覚えているものだけでごめんなさい。
もっとたくさんいたのですが)

先生に、それぞれの特徴、見分けかたなどを教えてもらいます。
みんな真剣!

最後に、つかまえた生き物たちを川に放してお別れしました。
企画担当もようやく、
シマヨシノボリとアヤヨシノボリの見分け方がわかった」
ような気になってます。


企画担当 yurico

コメントを入力してください