くっかる

2014年09月04日 10:09 | 生き物

8月12日、
次の日から始まるあまみシマ博覧会の打ち合わせが終わった後。

すみようヤムラランドの副理事長:よしみつ兄の畑に来ていたリュウキュウアカショウビン。
シマでは「くっかる」と呼ばれています。

大きな赤いくちばしで夏を告げる鳥。
キロロロロロ…というきれいな鳴き声なのですが
奄美大島にはこれのものまね名人が相当な数いるようです;

まだ奄美大島にいるらしいのですが
鳴き声は聞こえなくなりました。

本土よりはまだまだ日差しも強いのですが
なんとなーく、真夏よりはやわらいだ感じがして
風も朝夕はすこし涼しくなってきました。

もう秋かなー。。。

ところで
日本で記録のある野鳥は550種ほどと言われていますが
奄美大島ではそのうち、320種あまりの記録があります!
奄美に鳥を見にいく旅、というのもおすすめですよ^^.

コメントを入力してください