オキナワキノボリトカゲ。

2012年10月11日 15:01 | 生き物

今月に入ってから、
サシバの声が、あちこちで聞こえています。

冬の間を島で過ごす渡り鳥。島も秋らしくなってきました。

集落を歩いていてみつけたのは、オキナワキノボリトカゲ。
ふつうトカゲは地面にいることが多いと思うのですが
このトカゲは木や塀の上、とにかく地面よりも高いところにいます。
(夜も枝にひっかかるように寝ているのを見たことがあります。。。下から見るとおなか丸出しで、なんだか無防備です)

何を見ているのかな




じつは、カメラ目線でした

コメント

  1. カボチャのシッキー より:

    すっとぼけた顔してますが、どこか愛嬌がありますね。東中間集落の塀でよく見かけます。台風や豪雨の現場も載せてはどうせすか。

    • admin より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      オキナワキノボリトカゲは、あまり人を警戒しませんね。

      2010年の豪雨災害の際、復旧後も被害状況のイメージが消えず
      観光産業は長い間、大きなダメージを受けました。
      いつもは予約が増えるシーズンに、全くお客さんが来なかったのです。

      情報の出し方というのは難しいですが、
      このサイトは観光案内を目的にしていることと、過去の経験から、
      災害現場の写真掲載などは、このサイトではあえて控えています。

コメントを入力してください