マングローブの大そうじ。

12月19日、
住用のマングローブ原生林周辺で、
奄美大島観光協会、
奄美大島観光物産協会、
奄美群島観光物産協会、
そしてこの、すみようヤムラランド実行委員会、
4つの団体を中心に、合同でクリーンキャンペーンを行いました。

今年は4月にも1度実施されているのですが
夏に大きな台風の直撃があったため
2度目の大そうじです。

原生林のなかには
台風で飛ばされたらしきトタン屋根や、ちゃぶ台、
ビニールシート、
そして、明らかに不法投棄と思われる自転車や、冷蔵庫まで!


総勢約70名。人力を駆使した結果
2トントラック×2台、1トントラック×1台
計3台の車がいっぱいになりました。


台風のごみは仕方ないですが
不法投棄はヤムラランド実行委員会でも常に問題になっています。
集落のひとは、いっしょうけんめい掃除をしているのに
道端に平気でごみを投げていくひとがいます。
なんとか、対応策を考えていきたいところです。。。

行政や警察でもパトロールを行っているのですが
なかなか減ってくれません><
ごみを捨ててしまうひとに届く方法…
これを読んでくださっているみなさまも、
もしいい考えがあったら、教えてくださいね。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
国土交通省「平成24年度離島の活力再生支援事業」
奄美市「地域力の活用による世界自然遺産登録に向けた観光客受入体制構築事業」

コメントを入力してください